リサイクルショップで購入する

中古家具の見極めポイント

どんな中古家具を買えばいいのか

中古家具は、傷がついていることが多いです。 誰かが使用していたものなので、少しの傷は仕方がないと思ってください。 ですがあまりにも大きな傷がついていたり目立つ場合は、購入を避けてください。 ガマンして買っても、そのうち買ったことを後悔すると思います。

欠品しているものがない家具

家具は、部品が付属されていることがあります。 欠品していると、使用できないかもしれません。 そんな家具を買っても無駄なので、部品も確認しましょう。 どんな部品があるのか、店員に聞いてください。 また部品を使って、自分で組み立てられるか考えてください。

傷をよく確認しよう

リサイクルショップで中古家具を買う際は、傷がついていないか確認してください。
正面から見た時は傷がないからと、安心して購入したかもしれません。
ですが家に帰ってから、側面や後面に大きな傷がついていることに気づくと、買わなければよかったと後悔するかもしれません。
購入する前に、どこにも傷がついていないか隅々まで調べましょう。
また安い商品は、特に気をつけた方がいいと言われます、
価値が高い家具が半額以下で売られていた場合は、大きな傷がついているケースが多いです。

部品の欠品にも注意してください。
どれかの部品が足りていないと、正しく家具を使用できません。
いい中古家具を見つけたら、部品がすべて揃っているのか店員に聞いてください。
何も記載がなければ、大丈夫だと思っている人がいるのではないでしょうか。
しかし記載していなくても、部品が欠品しているなどのトラブルが起こる時があります。
心配なら、店員に聞いた方が安心できますね。

どの家具を買えばいいのかわからなかったら、ブランドで決めるのもいいと思います。
家具にも、もちろんブランドがあります。
有名ブランドの家具は素材もいいものを使っているので、デザインがよかったり耐久性が優れているなどのメリットがあります。
中古で買った家具が、すぐに壊れたら困りますよね。
なるべく耐久性のいい家具を選択してください。
どこのブランドなのか調べて、有名なところだったら購入しても構いません。

家具にもブランドがあることを理解する

よくわからない無名のブランドの家具は本当に使用できるのか、不安だという人が見られます。 耐久性が弱いかもしれないので、ブランドの家具を購入しましょう。 きちんとした素材を使っているので、簡単に傷つくことはありません。 お手入れが楽などのメリットもあります。