動画を作って見てもらおう

どんな動画を作りたいのか、しっかり決めてください。 道筋がないと、滅茶苦茶な動画になるので見ている人に何も伝わりません。 ソフトも用意しておきましょう。 基本的な機能が備わっていて、無料のソフトがおすすめです。 お金を掛けなくても、動画は作れると理解しましょう。

長すぎる動画はおすすめできない

たくさんの人に見てもらえる動画を作成するならあまり長くならないように注意してください。 おもしろい動画でも、長いと見ている人が飽きます。 短い時間の方が、気軽に見られるのでいいですね。 テンプレートを使って、さらに動画を華やかに見せるのもおすすめです。

音楽を追加してみよう

終始無音では、おもしろくない動画になってしまいます。 音楽をつけて、さらに盛り上げてください。 場面に合う音楽を用意しましょう。 さらに、場面をわかりやすく説明するために字幕もあればいいですね。 字幕は長々と説明するのではなく、短い言葉で加えましょう。

イメージを具体的に決めよう

自分で動画を作るためにはソフトを用意してください。
ソフトを調べると、有料と無料のものがあることに気づくと思います。
無料のソフトでも、十分満足できる動画を作成することはできます。
有料のソフトの方ができることは多いですが、機能がたくさんあって混乱してしまうかもしれません。
機能性が豊富でも、使いこなせないと費用の無駄になります。
まずは無料のソフトで慣れましょう。
次は、どのような動画を作るのか決めます。
イメージが固まったら、制作に進みましょう。

撮影したら、無駄な部分をカットしてください。
全ての部分を使用すると、長くなってしまう可能性があります。
制作した動画を公開するなら余計に、短くする意識を持ってください。
おすすめは、1分半から2分です、
短い動画なら、興味を持った人が見てくれるでしょう。
無料のソフトにも、テンプレートが含まれています。
テンプレートを使うことで、動画により動きをつけられます。

さらに場面を盛り上げるために、音楽を追加するといいですね。
うるさくならないように、音量に注意してください。
また著作権に気をつけて曲を選択しましょう。
著作権フリーの曲なら、自由に使用できるのでおすすめです。
場面にピッタリの曲を見つけて、追加しましょう。
その状況をわかりやすく視聴者に説明するために、文字を追加してもいいと思います。
短い文章を追加するとさらに面白さが増します。
時々編集した動画を確認して、おかしい部分があれば修正しましょう。