>

音楽を追加してみよう

雰囲気に合う音楽

場面によって激しいロック調の曲が合っていたり、ゆったりとしたバラードが合ったりと様々です。
その場面に合わせて、曲を用意してください。
著作権のある曲は、製作者に連絡を取らなければいけないので使用するまでが大変です。
手間を省きたいなら、著作権フリーの曲を使用してください。

ネットを探すと、著作権フリーの曲がたくさん紹介してあるサイトを見つけられます。
ダウンロードして自由に使えるので、動画制作をしている時に活用してください。
気づかれないだろうと考えて、著作権のある曲を勝手に使用することは絶対にしないでください。
後からトラブルが起こります。
商品を紹介する動画でトラブルが起きると、商品や会社のイメージが悪くなるのでルールは守ってください。

字幕でわかりやすくする

一見、何をしているのかわからない場面があると思います。
視聴者がすぐ理解できるように、字幕を付けるといいですね。
しかし説明しすぎてもいけません。
字幕が長いと、視聴者は動画と字幕の二つを同時に見なければいけないので、負担が大きくなってしまいます。
大きく、一言だけ文字を書くといいですね。

そのため、言葉選びが重要です。
その場面を一言で説明できる言葉は、何なのか考えましょう。
文字にも、テンプレートがあります。
波打つような動きや、回転する動きをつけられます。
色も変えられるので、目立つ色を使うといいですね。
うまく編集することで、わかりやすく楽しい動画になります。
それなら、たくさんの人に見てもらえるでしょう。


この記事をシェアする